サイトリニューアルのお知らせ

この度問診マーケットを 問診百科 としてリニューアルしました。

新しいサイトでは、検索性の向上・メルプご利用の医療機関自身で問診がコピーできるなど新機能の追加をしております。

今後は、 問診百科 をご利用ください。

回答日: 2024-06-04
症状はいかがですか?: 変わらない
内服薬: 降圧剤

【来院目的】
来院目的: 再診

【検査積極性】
積極的
自費承認: はい
診察スタイル: 来院
キャンセル待ち希望: はい
キャンセル電話番号:
本人確認提示: はい
年齢: 55
性別:
配偶者: 未婚
子どもの人数: 2
お子様の年齢と性別を教えてください。: からた
家族構成(同居者): なさま
職業: なぁ
〒: 1009105
住所: なかま
電話番号: なかま
メールアドレス: はららら
緊急連絡先: なはや・や
家族相談: 緊急連絡先と同じ
当院受診経由: ホームページ
当院選択理由: なかあ
郵送物の可否: 辞退
アンケート記入のご協力: 同意
当院への通院を同居するご家族や緊急連絡先の方はご存知ですか。: はい
このWEB問診への入力はご本人ですか?: はい
受診理由: なはかまわ
発症時期: なはらやなば
現在困っている症状が改善したら、どんなことをしたいですか?(今ある症状のためにできないこと、我慢していることは何ですか?): ややややや
現在かかっている病気: らぁら
これまでにかかった大きな病気: らはがら
現在内服中の薬やサプリメント、行っている治療: やわやはた
薬剤や食品の摂取によるアレルギー歴: らかがわ
過去、現在における精神的な怒り、不安、ストレス: ららららら
疲れやすい: まあ当てはまる
胸が詰まる: まあ当てはまる
のぼせ・イライラ: まあ当てはまる
皮膚乾燥、あかぎれ: まあ当てはまる
雨、曇りの日に調子が悪化する: まあ当てはまる
月経障害(女性のみ): 非常に当てはまる
牛、豚、鳥、その他の肉類: 週に数回
魚: ほぼ毎日
小麦製品(パン、麺類等): 週に数回
揚げ物: ほぼ毎日
加工食品(コンビニ惣菜、冷凍食品等): あまり食べない
生野菜・果物: あまり食べない
乳製品: 週に数回
甘い食品: 週に数回
カフェイン: ほぼ毎日
相談したい事: 副腎疲労(慢性疲労)の症状
当てはまるものを選択してください。: カフェイン、チョコレートを欲する
慢性炎症 上咽頭炎: ふわふわしためまいが続く
慢性炎症 口腔内: 歯と歯の間に食べ物が良く挟まる
40歳以上の男性ですか?: はい
40歳以上 男性のみ: 憂うつな気持ち(落ち込み、悲しみ、涙もろい、意欲がない、気分のむら、無用感)
検査、治療の希望の有無: 検査、治療は医師に任せる、または相談したい
来院手段: タクシー
希望日時: 空いていればいつでも可
問診票送信後の電話連絡する旨を了承した。: はい
持参物: ありません
治療・検査同意: はい
交流磁気同意書
ペースメーカーを装着している。:
いいえ
脳にシャントチューブが入っている。: いいえ
身体に金属が入っている。: いいえ
妊娠・妊活中ですか。: いいえ
交流磁気同意: 同意しません
再診問診票メルプの活用: はい

【その他】
新型コロナワクチンの接種経験はありますか?: いいえ
夜勤: 0回/月
起床: 6時〜6時半 朝食: 7時〜7時半 昼食: 12〜13時 夕食: 19〜20時 就眠: 21〜22時
調理担当者: 配偶者
主な飲み物: コーヒー(砂糖またはミルク入り)
間食: 週1〜2回
外食: 週1回未満
中食: 週1〜2回
運動: なし
こだわり・質問: ない
同意書種類: 立ち合い分娩申込書
【立ち合い分娩申込・同意書】
【立ち合い分娩の目的】
立ち合い分娩の目的は、陣痛、産痛でつらい妊婦さんをサポートすることです
立ち合いの方は妊婦さんのサポート(背中や腰をさする、励ます、食物や飲物の摂取を介助する)に徹して下さい
【立ち合い可能な方】
ご主人または、実母さんのみでお願いします
風邪症状、嘔吐下痢などの消化器症状、発熱のある方の立ち合いは固くお断りします
飲酒、酩酊されている方の立ち合いも固くお断りします
分娩待機室に入れるのは一人まで、分娩室に入れるのはご主人のみです
出血、血液を見るのが苦手な方は、分娩室への入室をご遠慮下さい
立ち合いをしたことで、その後の夫婦関係に支障をきたさないよう、
ご夫婦でよく検討し、お互いの同意と責任のもとでの立ち合いをお願いします
【禁止事項】
分娩待機室での食事、喫煙、飲酒(水分補給のみ可、食事は外で済ませてから来院して下さい)
分娩待機室で妊婦さんをサポートする以外の行為(ゲーム、仕事、テレビ、スマホ、パソコン、読書など)
分娩待機室で寝ること(疲れたとき、気分が悪くなった場合は一度ご帰宅し、休憩後再度来院して下さい)
妊婦さんに不安や恐怖を与えたり、痛がる様子をからかったりするような言動はお控えください
【注意事項】
基本分娩待機室からの付き添いとし、分娩室からのみの立ち合いはご遠慮下さい
(分娩待機室での付き添いのあと、分娩室での立ち合いなしは問題ありません)
当院スタッフの指示に従って下さい
スタッフが恐怖を感じるような、大声を出すなどの威圧的な言動や暴力は絶対にしないで下さい
頻回の分娩待機室への出入りはご遠慮下さい(特に夜間施錠時間20:30~8:00の間)
敷地内禁煙(駐車場も禁煙です)にご協力下さい
分娩待機室での写真・動画撮影はご遠慮ください
分娩時の写真・動画撮影は赤ちゃんが生まれた後でお願いします
写真・動画を撮影の際は、当院スタッフが映り込まないようにご配慮をお願いします
また当院スタッフが映り込んだ写真や動画をSNS等にアップしないで下さい
分娩中に急変や異常が発生した場合、退室していただきます
以上お守りいただけない場合は、立ち合いを中断しお帰りいただきます
悪質な場合は妊婦さんも総合病院へ転院していただくこともございます
対応困難な場合、警察に通報いたします:
立ち合い分娩について説明書を読み、理解・同意しましたので、申し込みます。

【その他】
問診票: 同意書
立ち合い者署名: 26147461
初診
内視鏡希望
既往歴: 高血圧 ,喫煙期間: 10年間
医師への希望内容: なし

主訴
検査: GF
症状: 症状あり
症状: 胃が痛い
その症状はいつからですか?(例;1週間前から、昨日夜から、今日のお昼ご飯食べた後から): 昨日から

現病歴
あり

家族歴
家族歴: あり
家族歴: 母:糖尿病

アレルギー歴
キシロカイン

喫煙歴
喫煙: ex-smoker(10本/日)

アルコール
飲酒: 毎日
Flasher: 該当者 , 飲酒量: 缶ビール350㏄2本

内服薬
あり 降圧剤

その他
胃カメラ歴: あり
結果: 異常あり
胃カメラ結果: GERD
検査方法: 経口内視鏡検査
経鼻経口: 経鼻
経鼻: 鼻出血しやすい
ピロリ: ピロリ検査歴あり
結果は?: 陽性でした
除菌治療: 除菌すみ
キシロカインアレルギー: あり
抗凝固剤の内服: 内服中
鎮静剤希望: あり
胃カメラ同意書: すみ
同意日: 2024-05-13
授乳: はい
妊娠: はい

自費点滴は興味がありますか?: 興味あり
お困りごと: 疲労感
当院を知ったきっかけ: ネット
同意書すみ: 3769248
説明医師: 選択する
受診理由: オンライン診療の同意書
【オンライン診療の限界について等への同意】: する
サイン: 27017537
息苦しさ・だるさ・発熱: なし 風邪の症状: なし
目的: 一般
初診再診: 初診
症状: 見えにくい・目のかゆみ
主訴: 右眼
発症時期: 3日前から
症状経過: 増悪寛解を繰り返す
当院受診歴: あり
現在の内服点眼: 市販薬
眼鏡・コンタクトの使用: 遠用眼鏡・ソフトコンタクトレンズ
薬/食物アレルギー: なし
妊娠・授乳: いいえ
来院動機: 近所で知っていた
当院からお知らせしたい情報をハガキでお送り差し上げても宜しいですか?: はい
アルコール消毒液によるかぶれなどはありませんか?: なし
WEB問診: CL
当院でのコンタクトレンズ処方は初めてですか?: 初診CL
CL経験: CL初1時間前終了説明済
メガネ必須: 当日メガネを持参することを理解した
希望CL: 1Dayコンタクト
ケース持参: コンタクトレンズの預りがないことを理解した
希望CL: 2Week
裸眼診察: めがね持参
資格: 保険証
〒: 1234‐0012
福祉受給者証はお持ちですか?: 福祉なし
受付時間かかる: 時間かかる理解
初診
消化器診察
主訴: 胃痛
その症状はいつからですか?: あああ

【既往歴】
手術歴: なし

【内服薬】
現在、他院で処方されているお薬はありますか?: あり
飲んでいるお薬は?: コレステロール、中性脂肪の薬

【アレルギー】
アレルギー: なし

【その他】
当院を知ったきっかけ: 知人・家族の紹介
【体温】: あいうえ
1w以内のコロナ: いいえ
再診(メルプ)
【来院主目的】: 投薬(前回と異なる処方内容)・内視鏡予約
【希望する処方内容】: ああああ
【症状の経過は?】: 悪くなっている
【希望する内視鏡】: CF

【内視鏡希望理由】: 出血あり
検査をご希望されたきっかけはなんですか?: ご家族、友人にすすめられた
【内視鏡歴】: みやけ医院でうけたことがある
予約: 予約日時
同意書について: はい
GTF?CF?: GTF
GTFについて: 提出します
検査前日の食事: 理解した
検査当日の朝の内服薬: 理解した
検査当日の朝の水分補給: 理解した
検査当日の来院時: 理解した
検査当日の待ち時間: 理解した
検査当日の来院時: 理解した
検査終了後: 理解した
希望医師: 特に希望はない

【その他】
【マイナ保険による診療情報取得の同意】: する
【他院からの紹介状の有無】: あり

同意書
【胃内視鏡検査について】: 理解した
【経鼻内視鏡について】: 理解した
【経口胃内視鏡について】: 理解した
【経口法 / 経鼻法】: 経口法
【鎮静剤について】: 使用する
同意書文〜: 同意します。

署名年月日: 2023-08-23
みやけ医院 御中: 24261376
【大腸内視鏡検査とは】
大腸内視鏡検査(大腸カメラ)は大腸にできる病気(ポリープ・がん・炎症など)を発見し、適切な治療方法を選択するために行います。
点滴を行いながら、内視鏡をお尻から挿入し、大腸の中に空気を入れて膨らませながら組織の-部を紺子(かんし)でつまんで観察し、状況によってはポリープや腫瘍、粘膜の-部を切除し治療を行うこともあります。

【鎮静剤について】
検査の際に緊張や痛みを軽減するために鎮静剤を使用することができます。鎮静剤で呼吸
大腸の動きを抑えるための鎮痙薬とご希望の方には鎮静剤(静脈麻酔)を使用して、苦痛のない状態で検査を受けて頂けます。

ただし持病によってはこれらの薬を使用できない場合があります。
また鎮静剤を使用した場合、自動車、バイク、自転車などでの来院および当日の運転はできません。

【病変時の処置】
観察中、病変が見つかった場合、必要に応じて以下の処置を行うことがあります。
1)組織の一部を採取し、細胞の検査を行います。(生検)
2)人体に安全な色素を撒布して病変を明瞭にして診断の参考とします。(色素撒布)
3)日帰りで取れるポリープの場合は、ご希望があればその場で切除します。
4)出血などが見られた場合は、止血操作を行います。(内視鏡止血)

【検査後について】
検査終了後、しばらく院内でお休みいただきます。
病変を切除した場合、10 日間の飲酒・長湯(シャワー可)・運動・肉体労働・出張・旅行・腹圧をかける行為(腹筋トレーニング・重い荷物を持つ・排便時のいきみなど)が禁止です。

【偶発症】
当院では安全で正確な内視鏡検査を心がけておりますが、稀に偶発症が発生することがあります。
一例としては、前処置(下剤内服)に伴う、腸閉塞および腸穿孔、大腸内視鏡検査や組織検査による出血や穿孔、ショック(血圧低下)、使用薬剤によるアレルギー、ショック、静脈炎、呼吸抑制、一過性の健忘などの偶発症を起こす可能性があります。

このような場合には、止血処理・輸血・外科的手術などの緊急処置が必要になることがあります。
偶発症や緊急事態が生じた場合には、当院が責任を持って対応致します。
___________________________________
:
以下、記入し提出します

同意書
【大腸内視鏡検査について】: 理解しました
【鎮静剤について】: 理解しました
【病変時の処置について】: 理解しました
【検査後について】: 理解しました
【偶発症について】: 理解しました

私は、大腸内視鏡検査を受けるにあたっての説明を受けて、その内容、必要性、偶発症の可能性を理解しましたので、その処置を選択し、実施を受けることを承諾します。
また鎮静剤の使用を希望する場合は、当日、自動車、バイク、自転車などの運転、重機や機械の操作や、危険を伴う仕事も行いません。:
理解しました。

【大腸内視鏡検査の同意】: 同意します
【鎮静剤使用の希望】: 希望します
【生検の希望】: 希望します
【ポリープの切除の希望】: 希望します

このたび、検査・処置等を受けるにあたり、その内容について十分な説明を受け、診療上必要なものである事を理解しましたので、その実施に同意します。
また、実施中及び実施後、緊急の処置等の必要が生じた場合には、それに対処する緊急処置を受けることも併せて同意します。:
同意します。

署名年月日: 2024-06-12
署名: 29127910
説明医師: 選択する
【胃内視鏡検査について】
⑴内視鏡を経口あるいは経鼻的に挿入し、咽頭、喉頭、食道・胃・十二指腸を観察します。
⑵のどや鼻の中に局所の麻酔(スプレーなど)をします。検査時間は 5 分ほどです。
⑶病変を認めた場合は、病理診断のため生検(組織の一部を採取する事)を行う事があります。

【麻酔(鎮静剤と鎮痛剤)を使用した経口胃内視鏡】
① 嗚咽感を感じやすいため、鎮静剤、鎮痛剤の使用をお勧めします。
② 麻酔後、眠くなり、リラックスして検査を受けられます。
③ 安全性を高めるため、呼吸・心拍モニター、酸素飽和度のモニターを装着します。
鎮静剤の使用により判断力の低下、ふらつき、転倒の危険性が高まります。
検査当日のお車の運転などはできません。

【経鼻内視鏡】
①鼻の粘膜が擦れるため、鼻出血や痛みが生じることがあります。
②鼻炎や鼻腔の形態により、内視鏡が通過しない場合は、口からの挿入に切り替えます。
③麻酔を使用しないので、検査後は自動車の運転等は問題なくできます。
___________________________________
:
以下、記入し提出します

同意書
【胃内視鏡検査について】: 理解しました
【経口胃内視鏡について】: 理解しました
【経鼻内視鏡について】: 理解しました
【経口法 / 経鼻法】: 経口法
【麻酔について】: 使用する

このたび、検査・処置等を受けるにあたり、その内容について十分な説明を受け、診療上必要なものである事を理解しましたので、その実施に同意します。
また、実施中及び実施後、緊急の処置等の必要が生じた場合には、それに対処する緊急処置を受けることも併せて同意します。:
同意します。

署名年月日: 2024-05-13
署名: 29127868
説明医師: 選択する