【千里中央花ふさ皮ふ科Part1】メルプ写真送信機能を使って皮膚の患部を事前送信

Www
2021年5月30日開催の第16回問診アカデミーで、千里中央花ふさ皮ふ科の院長の花房先生に「皮膚科におけるメルプ活用法・電話診察クレジット機能」について伺いました。


▼目次
患者様がどのような主訴で来院されるかを入口から細かく分ける問診

メルプ写真送信機能を使って皮膚の患部を事前送信
ステロイドフォビアの方向けの注意書き


患者様がどのような主訴で来院されるかを入口から細かく分ける問診



吉永
第16回問診アカデミーを始めさせていただきます。今回は初の皮膚科になります。花房先生よろしくお願いします。


花房
よろしくお願いします。


吉永
私の方から簡単にクリニックの説明をさせていただきます。大阪府豊中市で開業されている千里中央花ふさ皮ふ科になります。皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、形成外科をなされています。では、早速問診の中身の方に移らせていただきます。


まず患者向け問診を見させていただきます。最初に先生がこだわられたポイントなどございますか。


花房
患者様がどのような主訴で来院されるかというのを入り口から細かく分けています。


吉永
わかりました。では上の方から見させていただきます。まず、初めに予約を取ったかどうかを聞かれているのですね。



花房
メルプさんの問診を入力して予約が完了したと勘違いしてしまうというトラブルをなくすために明記しております。


吉永
午前午後で聞かれているのはなぜですか。



花房
あとでソーティングをできるようにするためです。


メルプ写真送信機能を使って皮膚の患部を事前送信



吉永
なるほどですね。
一般皮膚科の問診を見させていただきます。
初診、再診、再初診という形で分けられています。体重を聞かれているのは体重によって薬の処方量が異なる場合があるからでしょうか。



花房
はいそうです。


吉永
写真を送信する機能を使用されていますね。この項目で写真を送ってくださっていますか。


花房
そうですね。体感2,3割の方が送ってくださいます。


吉永
症状のある部位ではシェーマの機能を使われていらっしゃるのですね。



花房
そうですね。



ステロイドフォビアの方向けの注意書き



吉永
症状の所ですが、皮膚科は種類が多いですね。上からみていきたいと思います。


まず、アトピーについてみていきます。アトピーも質問数が多いですね。



花房
私の所に来院される患者様はアトピーとニキビの方が多いので詳しく聞いています。また、世間にはステロイドフォビアの方もいらっしゃいますが、私のところでは脱ステロイド療法は行っていないのでそのことを最初に明記しています。


吉永
他院での治療歴の例がかなり具体的だと思いました。


花房
割と重症の患者さんが来られたり、具体例のような患者様も多いので、このようにしました。


吉永
具体例でアンテペート軟膏など名指しですが、患者様も薬の名前を分かっていらっしゃいますか。


花房
そのような患者様もおられますし、薬のキャップの色などを回答される方もたくさんおられます。


吉永
希望の治療薬に関しても名指しが多いですね。


花房
調べてから来るアトピーの方も多いので、もし希望があれば書いてもらうという形です。


吉永
アレルギー検査は一般的な感じですか。



花房
そうですね。アレルギー科をやっていて、アレルギー検査をしてほしいという方もいらっしゃいますので、あらかじめしてほしい検査を知っておくという形です。

吉永
わかりました。他の症状の部分はシンプルですね。


Youtubeでも対談動画を掲載していますので、是非ご覧ください。


【千里中央花ふさ皮ふ科Part2】美容皮膚科は事前に施術動画を見てもらうようにアナウンス に続く